ダイソー リブランディングプロジェクト

株式会社大創産業

Outline

世界28の国と地域に5,542店舗(2019年3月現在)を展開する、ダイソーブランドのリブランディングプロジェクトを、弊社にてトータルプロデュースいたしました。

■CI・VI
・CI
店舗取扱平均7万点にも及ぶ“だんぜん”多い商品の品揃え。ワンコインとは思えない“だんぜん”高いクオリティ。
もはや生活におけるインフラとも言えるブランドを体現するアイデンティティーとして、“だんぜん!ダイソー”と設定。
併せてこれからのブランドのあり方を宣言する為のステートメントも開発しました。

・VI
生活者の日常を少しでも上向きに。生活のディテールをアップデートする意味も込めて、三つ山をベースとした新ロゴを開発しました。

■Movie
広島で移動販売から始まった創業当初からグローバル展開にまで発展したブランドの歴史と共に、新CI・VIを織り交ぜたブランドムービーに。

■Web(Corporate/Recruit)
・Corporate
幅広い顧客層を持つブランド故に、過度なギミックや演出を省き、誰がみてもわかりやすく使いやすい設計・デザインに。

・Recruit
多くの部署を抱える企業の特性を丁寧なスチルとライティングで構成。
スタッフの活力あるナマの姿をわかりやすく発信できる場にしています。

■Shop
新CI・VIを体現する場として、梅田OPA店の店舗デザインを総合監修しました。
500坪以上もある広い店内で飽きさせない為に、大型サイネージをふんだんに使い、そこで展開するコンテンツや、店内を彩るシーズングラフィックだけでなく、ショップスタッフが着用するエプロン、レジ袋・テープ各種のSPツールも併せてデザインしました。

Credit